晴耕雨読日記

《名・ス自》晴れた日は畑に出て耕作し、雨の日は家にいて読書すること。田園に閑居する文人の生活などに言う。ニート。

読書感想文1

私が最初に買った活字の本。

昔、ドラマを見て本の存在を知りました。ドラマには原作というものがある場合がある、ということをこれで知りました。この本とドラマはだいぶ違うストーリーとなっております(だった気がします)。 

この物語の主人公は頭が良く、イケメン(山田孝之)だった気がします。伝統ある進学校で、伝統ある行事を巡って主人公やヒロインの女の子だったりお友達がなんかいろいろするお話です。

別の本でこの人のお父さんやお兄ちゃんやお姉ちゃんが主人公の物語もあったりして結構好きなシリーズ?なんですがここのところこの人たちの出てくる作品を知りません。誰か新しいのでたら教えてください。

恩田陸さんの初期の本は結構好きで、この本はぼろぼろになっています。最初に紹介してみました。

 

 

六番目の小夜子 (新潮文庫)

六番目の小夜子 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする